眉下切開で若々しい目元になろう|顔の印象が変わります

アイメイクでごまかすより

笑顔の女性

加齢現象の一つとして、まぶた周辺の筋肉が衰えます。その結果まぶたが垂れ下がり、厚ぼったい印象の目元になってしまうことがあります。美容外科では、眉下切開という手術があります。眉の下を切開して、まぶたの皮膚の一部を切除し本来の目元に戻す方法です。傷跡もほとんど目立ちません。

More Detail

まぶたの腫れやたるみ解消

美容整形

まぶたによって目の印象が大きく変わってしまうことはよくあり、この部分に手を加えることで理想へ近づけることができます。これを眉下切開と言い、余分な皮膚を切除する方法で、腫れぼったい印象やたれて老けて見える印象まで変えていきます。傷跡も目立たないくらいの優れた技術で、目元がスッキリと生まれ変われます。

More Detail

上まぶたのたるみを取る

看護師と患者

眉下切開法は上まぶたの皮膚・脂肪・筋肉などを切除する手術で、部厚いまぶたを薄くしてたるみを取り、目元をパッチリさせる効果があります。二重切開法と違って、一重のままでたるみを解消したい方に向いています。

More Detail

上まぶたのたるみを除去

女の人

上まぶたの皮膚を切除

眉下切開とは、上まぶたのたるみを除去するための整形手術です。上まぶたがたるんでいると、その分だけ目は開きにくくなります。たるみが大きい場合には、ほとんど開いていないような細い目になってしまうこともあります。しかしそれほどの状態になっても、眉下切開により、目をパッチリと開かせることが可能になります。なぜなら眉下切開では、上まぶたの皮膚を大きく切除することになるからです。切除した上で、眉毛の下の皮膚に縫い付けるので、上まぶたは眉毛に引っ張り上げられているような状態になります。そのため上まぶたを軽く持ち上げるだけで、目は大きく開きますし、たるみによって細く見えることもなくなるのです。さらに上まぶたのシワも除去されるので、目元は若々しい印象になります。

傷跡は眉毛の下に

上まぶたの皮膚を切開するのですから、眉下切開後には、その傷跡が残ることになります。しかしその皮膚は、先述したように眉毛の下で縫合されます。つまり傷跡は、眉毛の下に残るわけです。施術の際には、衛生状態を良くするために、眉毛はいったん剃られますが、施術後数日ほどで再び伸びてきます。するとその伸びた眉毛によって、傷跡は覆われることになります。つまり眉下切開では、傷跡が残っても、目立ちにくいということです。また、上まぶたがたるむと、目をしっかりと開くために過剰に上まぶたを持ち上げてしまい、眉毛の位置が高くなるという人が多いです。すると目と眉毛との間隔が開きすぎ、不自然な見た目になってしまうのですが、眉下切開によりこの状態も改善されます。