眉下切開で若々しい目元になろう|顔の印象が変わります

アイメイクでごまかすより

笑顔の女性

加齢による現象

アンチエイジングと言う言葉が、ずいぶん浸透してきました。女性の美に対する思いは、いくつになってもかわりません。最近の40代、50代、60代の女性はひと昔前に比べると、ずいぶんと若い印象があるのではないでしょうか。美魔女と呼ばれる女性が、もてはやされています。アンチエイジング対策の化粧品の進化も、すばらしいものがあります。シミを薄くする研究も進んでいます。しかし、顔のたるみだけは、化粧品で改善することが困難です。女性に限らず、誰もが年齢とともに筋肉が衰えていきます。顔にはたくさんの筋肉がありますが、それらが衰えていくと、全体が下がってきます。例えば二重顎になったりします。目元にも筋肉がありますが、衰えることによって、まぶたも下がってきます。年を取ると目が小さくなったとか、たれ目になったと言う場合、筋肉の影響があります。

本来の状態に戻す

若いころは、ぱっちりとした二重まぶただったものが、筋肉の衰えで一重のような眼になることがあります。まぶたの肉が垂れ下がってしまい、目尻も下がり、たれ目になってしまうこともあります。これではいくらアイメイクを頑張っても、老けた印象になります。そんな悩みを持っているなら美容外科で眉下切開の手術をおすすめします。これは、まぶたの厚みを軽減する方法として、一般的な手術のやり方です。眉下切開は眉の下を切開して、まぶたの皮膚を一部切除します。眉の下の目立たない所を切開しますので、傷口はほとんど目立ちません。眉下切開をすることによって、本来の目元に戻ることができます。さらに眉と目の間の幅が狭まり間延びした印象がなくなり、顔だちがはっきりします。眉下切開を得意とする美容外科のホームページには、たくさんの症例写真もあります。手術に関するQ&Aなどもまとめてありますので、参考にすると良いでしょう。