眉下切開で若々しい目元になろう|顔の印象が変わります

上まぶたのたるみを取る

看護師と患者

二重切開法との違い

上まぶたのたるみを取る手術には、二重切開法や眉下切開法があります。眉下切開法は上まぶたの皮膚や脂肪、眼輪筋を切り取る方法です。切り取る幅や脂肪の量によって、効果は大きく変わってくるため、ドクターの経験やセンスが重要になります。なお眼輪筋は切除しないほうが良いという医師もいます。眉下切開法は、部厚く腫れぼったい上まぶたを薄く軽くして、目をパッチリさせる効果があります。年齢とともに下がってきたまぶたを持ち上げるのにも有効です。反対に、もともとまぶたが薄い人には二重切開法のほうが向いています。二重切開法は強制的に二重まぶたにする手術です。一重のままでたるみを取りたい場合には、眉下切開法が用いられます。

若返り効果も

眉下切開法は部厚いまぶたを薄くすることにより、目元の個性や印象を残したまま、たるみだけを解消することができます。たるみのせいで目立たなくなった二重まぶたを、くっきりさせる効果もあります。たるんだまぶたを無理に持ち上げると、目が疲れたり額にシワができたりすることがあります。こうした症状も眉下切開によって改善され、若返り効果が実感できたという方もいます。眉下切開法は目に見える部分に傷跡が残る可能性がありますが、縫合手術をきちんと行なえば目立たないと言われています。そのため、縫合手術の技術に定評があるクリニックを選ぶといいでしょう。また、どうしても気になる場合は、医療アートメイクで隠すことも可能です。